ドラム式洗濯機に迷ったらこれ!2021年おすすめ洗濯機3選

こんな風に思われていたらこの記事がお役に立てると思います。

ドラム式洗濯機が故障して新しい洗濯機を探している
ドラム式洗濯機のカビや汚れが気になるから買い換え時が来た気がする
ドラム式洗濯機、どれを選んだらよいか迷っている

洗濯機を買おうと思っても、色々種類があるので見れば見るほど、どれを選んだらよいかわからなくなりますよね。

奇しくも洗濯機が故障して買い替えた私が、徹底的に調べたベスト3をご紹介します。

ドラム式洗濯機は高機能の乾燥機能が付いているのがスタンダードです。
洗いと乾燥の両方の観点からみていきます。

新しい洗濯機を使ったら、その便利さに「何でもっと早く買い替えなかったのだろう」と思われること間違いありません。

今特に不便に思ってない方も、時短、コスト減少と手間が減って楽になりますよ♪

目次

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

ドラム式乾燥洗濯機

まず簡単にドラム式洗濯機のメリット・デメリットを確認しておきます。
もうドラム式に決めている、という方は飛ばして商品説明に進んでくださいね。

ドラム式 洗濯機 のメリット

  1. 水道代が節約できる
    ドラム式は縦型に比べて使う水の量が約1/2
    毎日の洗濯を考えるとこの差は大きいですよね。
  2. しっかり乾燥できるのに電気代も節約できる
    縦型洗濯機は乾燥できると言っても、時間がかかる上、厚手のものはかなり厳しいです。
    その点ドラム式洗濯機はしっかり乾きます。
    私がドラム式洗濯機に一番頼っているのはこの乾燥です。
  3. 洗濯機の上のスペースが活用できる
    洗濯物の投入口は横なので、洗濯機の上にものがおけますし、上に棚を付けても取り出しやすい高さで設置できます。
    我が家は洗濯物を干すハンガーやタオル置きにしています。

電気や水量をどのくらい節約できるのか、シャープのカタログの数値から比較してみます。
2020年秋カタログより

  ドラム式(ES-W113) 縦型(ES-PW11E)
消費電力量 洗濯    75Wh
洗濯~乾燥 600Wh
洗濯    110Wh
洗濯~乾燥 2200Wh
目安時間 洗濯    約35分
洗濯~乾燥 約115分
洗濯    約46分
洗濯~乾燥 約220分
水位別水量 15L~35L 18L~58L

気代・水道代のみならず、洗濯時間も短い!積み重なればかなりの節約になりますよね。

ドラム式洗濯機のデメリット

  1. 広めの設置スペースが必要
    横幅も大きいので防水パンに入るかのサイズ確認は必須です。
    衣類を入れるドアも手前に開くので、その分のスペース確認も必要となります。
    これは如何ともし難い問題です。まずご自宅のサイズを確認してくださいね。
  2. 縦型に比べて高い
    ここが一番悩みどころではないかと思います。機能に見合う価格か、それぞれの商品で確認してみてください。
  3. 洗い上がりがゴワっとする
    少ない水で洗うので特にタオルがゴワつく感じがします。また、少ない水で洗うので、色移りが気になるときがあります。
    ⇒このデメリットは最新式では改善されていて今はゴワっとすることはありません
  4. 音がうるさい
    特に乾燥の音が縦型に比べてうるさいです。
    ⇒最新型では縦型より静かなものもでてきていますので家電は進化していると実感します。

デメリットのほうが数が多くなってしまいましたが、デメリットを補う機能が最新の洗濯機についています。 具体的に3つの商品でみてみましょう。

ドラム式洗濯機の乾燥機能について

梅雨の時期や雨が続くと洗濯物を乾かすのは本当に大変ですよね。

今は部屋干し用の洗剤などでていますが、特にじめじめした梅雨の時期、除湿器を最大にして洗濯物を部屋干ししていると、部屋かランドリーかわからなくなったりしませんか?

私も天気が悪い時や毎日洗濯できない時一番困っていましたので、一番こだわっているのが乾燥機能です。

商品の説明の前に洗濯機の2つの乾燥方法について説明します。

  1. ヒーター乾燥
    ヒーターで加熱した空気を衣類に当てて乾かします。
    これにはこんな欠点があります。
    ・加熱する分電気代がかかります。
    ・衣類が縮みやすい
    ・乾燥中高温のためドアを開けられない
  2. ヒートポンプ乾燥
    発生する熱をヒートポンプで除湿し、乾いた空気で乾燥させます。

今までヒートポンプ乾燥の機種を使っていたのですが、フワっとしないのが不満でした
でも新しい洗濯乾燥機ではその悩みは解消しました!

おすすめ① 優れた乾燥機能+夜間の洗濯も安心の静音
シャープ プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W113

まずはプラズマクラスターで有名なSHARPシャープ プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W113です。

業界初のハイブリッド乾燥方式

ハイブリッド乾燥方式とは、ヒートポンプ乾燥にサポーヒーターがついた、いわば”いいとこどり”の乾燥方式です。


サポートヒーターを乾燥のスタート時と終了時に使用することで、乾燥後の衣類はカラッと乾燥しているのに、ふんわり柔らか。なんと天日干しよりフカフカになります。

しかも・・・
・乾燥中にプラズマクラスターで除菌・消臭も可能
・ 蒸気を外に出さないので業界最高水準の省エネを実現
・シワ抑え乾燥コースで面倒なアイロンがけが、かなり楽に

乾燥機の機能、本当に素晴らしいです。

縦型より静かな低騒音設計

乾燥機だけではありません、特筆すべきは音の静かさ

ドラム式洗濯機のデメリットであげた騒音ですが、このシャープ プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W113は、縦型より静かなのです。2020年秋カタログより

  ドラム式(ES-W113) 縦型(ES-PW11E)
運転音(洗い/脱水/乾燥) 30dB/37dB/39dB 39dB/38dB/44dB

このdB(デシベル)ですが、
30dBは小さなささやき声、深夜の郊外の音レベル
40dBはささやき声、街中の深夜、図書館の音レベル

夜帰ってきてから洗濯する時も、特に乾燥機の音が近所に響いているのではないかと、極力洗濯しないようにしていましが。
でもこれなら気兼ねなく深夜に洗濯や乾燥ができますね。

優れた機能で家事が楽になります

1.洗濯
洗濯は「マイクロ高圧洗浄」。
高圧のシャワーノズルから水を微細な水滴にして衣類に噴射する洗浄です。

マイクロ高圧洗浄だから実現した3つのコースがきっと役立ちます。
・頑固な汚れに「温水極め洗いコース」
・汚れ移りが心配な衣類には約5分で水だけで落とす「サッと予洗いコース」
・型崩れや縮をおさえる「ホームクリーニングコース」

2. 家電が進化するAIoT機能
AI(人工知能)と「IoT(モノのインターネット)を組み合わせたAIoT機能が家事を助けてくれます。

液体洗剤・柔軟剤の自動投入
「洗剤くらい自分でいれるわ」と思っているかもしれませんが、一度体験したら止められなく機能です
離れた場所でも洗濯の終了時刻や運転状況をスマホにお知らせ
乾燥フィルター自動お掃除機能
乾燥フィルターには埃がつきますよね。それを自動でまとめてくれるので、ポイっと捨てるだけ楽ちんんです。

3. プラズマクラスターで衣類も洗濯槽も除菌・消臭
衣類についた臭いや汗、洗うことが難しいぬいぐるみをプラズマクラスターで除菌・消臭してくれます。特に衣類についた臭いは消臭してくれるだけでも嬉しいのに除菌までしてくれるのは嬉しい限りです。

洗濯槽のカビが衣類についてしまう、なんて事になったら大変ですよね。
それもプラズマクラスターがカビ菌の繁殖を抑えてくれる。健康にも優しい機能です。

4.外観がスタイリッシュでおしゃれ
毎日、目に触れるものですから、このスタイリッシュな雰囲気は気分があがり嬉しいですよね。
あとこの洗濯機しゃべるんです。でもオフにもできますからお嫌な方はオフにしてください。

プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W113の欠点

これだけよさそうなシャープの製品ですが、我が家では購入できませんでした。

理由はサイズです。

幅640mm/奥行727mm/高さ1,115mmあります。
我が家は普通のマンションですが、水道の蛇口にギリギリの高さでした。
防水パンの掃除をするために、洗濯機の下に脚もつけたかったので、諦めました。

洗濯11kg/乾燥6kg対応です。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる